【フォークリフト】後方指差呼称しても事故が起こる原因【ルール化の落とし穴】

安全対策

 

・後方指差呼称を強制されるのが嫌だ
・指差呼称は意味がない
・事故防止になってない

✔︎後方指差呼称が『事故防止になるの?』と思っていませんか?

  • 後方指差呼称をしているのに、なぜ事故が起こるのか?
  • リフトマンが『後方確認をしたつもり』になるのは、なぜか?
  • 後方指差呼称の徹底は、どうすればできるか?

結論はこんな感じ

  • 『後方指差呼称』をしているのに事故が起こるのは、『後方確認した錯覚』をしているから
  • 『後方確認をしたつもり』になるのは、後方指差呼称が『目的』になっているから
  • 『後方指差呼称』が定着しないのは、リフトマンの『当事者意識がない』から

僕はフォークリフトのオペレーターを10年以上しています。後方指差呼称していても、『後方の安全確認』ができていないなぁ、と思う現場をよく見てきました。

ここでは、後方指差呼称で、『後方の安全確認をした錯覚』に陥る原因について解説します。

この記事を読むと、後方指差呼称を徹底するには、従業員の危険に対する『当事者意識を高めることが重要』だとわかります。

『後方指差呼称』してるのに、なぜ事故が起こるのか?

 

✔︎後方指差呼称をすることが目的になっている

  • 後方指差呼称に、50%の注意力
  • 残りの50%の注意力で、後方確認

注意力が『分散』してしまっています。
後方指差呼称が『目的化』してしまっているからです。

『後方指差呼称』は、目的ではなく手段

✔︎バック走行時の、後方指差呼称』が、ただのジェスチャーになっている。

  • 重要なのは、後方の安全を確認すること
  • 後方指差呼称という『ジェスチャー』ではない

後方指差呼称とは、後ろの進行方向を指差して『後方ヨシ!』と掛け声することです。
しかし指だけ後ろを指していたり、顔が横を向いている(後ろを見ていない)では意味がありません。

後方指差呼称は、安全を確認する手段であって、目的ではありません。

『後方指差呼称』が目的だと『安全確認したつもり』になる

✔︎後方指差呼称の『後方ヨシ!』で、後ろの安全が確保されたと、思い込んでしまう。

  • 後方指差呼称の、ジェスチャーが目的になっている
  • 体に染み付いたジェスチャーが、後方確認したと『錯覚する』

忙しい時に、よくあるパターンです。
周りからも一見、後方指差呼称をしているように見えるので、危険に気づきにくいです。

後方指差呼称(後方確認)ができている人には、『当事者意識』があります。

安全確認を、したつもりをなくす『当事者意識』

 

✔︎フォークリフトでの当事者意識は、『あなたも人身事故をする可能性がある』ということです。

  • 自分が、人を怪我させてしまう可能性がある
  • 加害者側になる可能性が、高い
  • それは自分の安全確認で、防ぐことができる

ベテランだから大丈夫、という思考が実は『落とし穴』だったりします。

  • あなたは、安全確認が確実にできているか?
  • 安全確認をするとき、『最悪の場合』が想像できるか?

 

最悪の場合が起こってから、『当事者』になっても遅いです。

当事者意識を持つためには

最初から当事者意識が備わっている人は、中々いません。なので『当事者意識を育てる教育』が必要です。

僕が当事者意識を強烈に感じたのは、朝礼での安全ミーティングでした。
ある人身事故を風化させないために、『事故の時系列を朝礼で共有』していたことです。

  • 人身事故の時系列を聞くと、他人事とは思えない
  • 人身事故を起こした場面を『自分と置き換える』と、恐ろしくなる

自分に置き換えて見ると『当事者意識の自覚』ができます。

当事者意識を教育するには

✔︎危険な運転や『安全確認不足の結末』を、他人事と思っていませんか?

『当事者意識を育てる教育』は事故を起こすとどうなるかを、伝える工夫が必要です。
『ルールだから守ってください』だけでは、絶対伝わりません。

  • 会社は事故の責任を、保証してくれる訳ではない
  • 人身事故を起こした後の人生を、会社は保証できない

事故が起こり、パトカーや救急車がきて、事情聴取や現場検証をしている場面を見て

  • 自分だったら、事故防止に全力を注ぐ
  • あのとき確認していれば、こんなことにはならなかったはずだ

と思えるよう『当事者意識』を育てる指導を、しないといけません。

『事故の結末』だけ伝えるより『事故の過程』も伝えた方が、他人事感がなくなります。

『後方指差呼称の落とし穴』は、当事者意識の不足

✔︎つまり『後方指差呼称の落とし穴』は、ルールが定着していても、当事者意識が足りない状態です。

  • 後方指差呼称をするクセは、ついている
  • 実は、後方指差呼称で後方の安全が担保されたと、錯覚している

✔︎ここには『当事者意識』が足りていません

後方指差呼称の徹底は、どうすればできるか?

・後方確認(後方指差呼称)を徹底したい
・後方確認不足の事故を、無くしたい
・確認しているのに、なぜ事故が起こるのか
・なぜ確認したつもりになるのか?

✔︎このような悩みを抱える事業所は、

  • なぜルールを守らないのか
  • なぜルールが徹底できないのか
  • ルールを作ってもなぜ事故が起こるのか

と、『ルールを守らせること』に躍起になっています。
本質はルールを守らせることではなく、従業員が当事者意識を持つ指導をすることです。
その上でルールを提案する。ルール無視のペナルティは、『ルールが目的化』する原因です。

✔︎ルールを押し付けるだけだと、『確認したつもり事故』が量産されるだけです。

『後方指差呼称』は、ただの『ジェスチャー』

✔︎後方を指さして『後方ヨシ!』と呼称する。

これはただのジェスチャーに過ぎません。後方確認の本質は、『後方の安全を確認すること』です。

  • 後方の物陰に、人がいないか
  • 人がいた場合、リフトがバックすることに気づいているか
  • 荷物に気を取られてる間に、人が近づいてきていないか

✔︎後方の安全を確認するだけでなく、後方の危険予知をします。

  • 危険要素があれば、バック走行しない
  • 危険要素が、無くなってからバック走行する
  • リフトに気づいていない人がいれば、声かけをする

✔︎そこではじめて『後方ヨシ!』です。

安全より、ルールが重要になっていないか

 

  • まだ、後方指差呼称ができていない人がいます
  • 後方指差呼称の実施率が、低いです
  • 率先して後方指差呼称をすると、皆もします

✔︎いくら朝礼で毎朝言っても、後方指差呼称を定着させるのは、難しいです。

  • 指差呼称で、脳に刺激を与える
  • 指差呼称なしでは、脳はほとんど活性化しない

正直、物流倉庫では目まぐるしく物が動くので、脳はフル回転していると思います。

✔︎脳の活性化より、安全を大切に思う『当事者意識を高めること』で後方指差呼称を徹底できるのではないでしょうか?

まとめ:後方指差呼称だけでは、意味がない

 

  • 後方指差呼称を徹底するには、従業員の安全意識を高める必要がある
  • ルールだからしないといけない、では安全教育の怠慢である
  • 危険が伴う業務なので、当事者意識を持つことが重要

ちなみに、運んでいる荷物が不安定すぎて、後方確認どころではない。そんな場合は、運ぶ荷物の固定や運搬方法を、改善する必要があると思います。

✔︎人身事故の確率が高いバック走行ですが、人身事故は一発アウトです。

  • 職を失うかも知れません
  • 法的に処罰があるかも知れません
  • 被害者に一生謝罪し続けるかも知れません

誰も幸せにならない大きな事故は、『小さな安全確認の積み重ね』で防ぐことができるはずです。

さぁ、今から始めましょう、意味のある後方指差呼称を。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

それではご安全に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました